ページトップ

くぼ苺農園の物語

STORY

   

くぼ苺農園は愛知県の愛西市にある農園です。
木曽川に近く、自然豊かな環境の中、
安心・安全・おいしいいちごを
皆様にお届けしていきます。

よりおいしいいちごを皆様にお届けできるよう
日々試行錯誤しています。

  • くぼ苺農園について
  • くぼ苺農園のこだわり
  • 園主よりみなさまへ
  • くぼ苺農園の歩み

ABOUT

くぼ苺農園について

愛知県地図

豊かな自然に囲まれた農園

くぼ苺農園は愛知県の愛西市の木曽川の近くにある
小さな苺農園です。
木曽川のほとりは、
肥沃な大地に恵まれ、きれいな水が大変豊かなところです。
その自然がいっぱいの環境で、
安心・安全なおいしいいちごを栽培しています。
名古屋駅から西へ約20km、自然豊かなきれいな空気の中、
私たちは皆様においしいいちごをお届けできるように、
丹精込めて栽培しています。

PARTICUALAR

くぼ苺農園のこだわり

POINT 1

いちごは何といっても
鮮度が命!

いちごは採れたてのおいしさが一番です!当園では収穫翌日に皆様にお届けできるように、即日出荷いたします。

当日出荷の“鮮度バリバリの朝採れいちご”も大人気です!

POINT 2

完熟のいちごのおいしさは格別です!

「ここのいちごを食べたら、いちごが好きになりました」と大変うれしいお言葉をよく頂いています。

収穫直前のたった2日間で、味も香りもガラリと変わります。

この果実を今収穫するべきかどうか?厳選した完熟に日々挑戦し続けています。

POINT 3

軸を付けて収穫、果実は極力触らない!

完熟いちごは、果実が大変デリケート!そっと指でつかんでも、手の跡が残りツヤも鮮度も失われます。

軸を付けて果実に触れることなくそのままパックに収穫することで、究極のノータッチいちごがお届けできます。

鮮度と完熟の品質を保つ、高度なテクニックにスタッフ全員で取り組んでいます。

軸のついたいちごは見た目も可愛くて、最高です!

POINT 4

甘さに挑戦!土の水分量をこまめに調整。

いちごの醍醐味はやっぱり甘さ。糖度は果実の水分量で左右されます。

土耕での栽培は気象条件に左右されがちですが、日々の天候とコラボしながら水分量を調整し、複雑な“甘さ”を実現しています。

POINT 5

根の健康を重視しています!

植物は生き物ですので、日々の健康が大切です。

植物体の健康は根から始まる!

当園では、根に空気を送る装置を導入し、根っこに酸素をふんだんに届けています。

従来比で根量はなんと1.5倍~2倍!完熟に耐えうる丈夫な果実と桃のような優しい香りの源となっています。

POINT 6

愛情をもって大切に育てています!

莫大な生産をするのではなく、少量でも品質の良いいちごを育てるために、

従業員ひとりひとりが、手間暇かけて愛情を注ぎ、日々試行錯誤を重ねながら育てています。

KUBOYOSHIO

園主よりみなさまへ

はじめまして、園主の久保嘉生です!

~Aiming for a dream strawberry
~夢のいちごをめざして

農業には大切な役割があります。人類が誕生して以来、脈々と受け継がれているDNAに食としての農産物はすりこまれてきました。食は生きていく中で最重要な位置付けの一つです。その大切な食文化の発展こそが、私達の幸せな人生に欠かせないものだと考えています。それを支える農業にはたくさんの“夢”が詰まっています。おいしさや甘さ、健康、見た目の可愛さそして感動…沢山の要素に私達は挑戦していきます。みなさまがそれを口に入れた瞬間の、その最高の笑顔のために!私たちは、夢のいちごの開拓を続けます。

『経営理念』
 I'll bring a little happiness your table.
~みなさまの食卓に小さな幸せをお届けします~

園主 久保 嘉生

HISTORY

くぼ苺農園のあゆみ

2014年(H26)橋本園芸にてイチゴの栽培を研修

2016年(H28)愛西市葛木町神田にて独立。
       耕作放棄地を1年半かけて開墾。

2017年(H29)栽培開始(ハウス5棟)

2018年(H30)苗場ハウスを整備し、ハウス7棟に面積拡大

2020年(R2)ハウスを5棟増設、計12棟に面積拡大

2021年(R3)愛西市三和町田尻に作業所を整備

いちご画像 いちご画像

お問い合わせ

CONTACT

全国への配送・商品取り扱い希望に関しましては
以下フォームまたはお電話にてご連絡ください。

会社名
お名前
E-mail
TEL
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容